小型家電リサイクル法とは

小型家電リサイクル法とは?

従来、小型家電は各自治体の処理方法に基づき、廃棄物として大半が処分されてきました。
これらの小型家電には、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルと言われる有用な金属などが含まれ、日本で1年間に使用済みとなる小型家電は65万トン、そのうち有用な金属は28万トン(金額にして年間約844億円分)といわれています。
これが、いわゆる「都市鉱山」と呼ばれる問題です。

この「都市鉱山」に埋もれた有用な資源をリサイクルするため、2013年(平成25年)4月1日より「使用済小型家電電子機器等の再資源化の促進に関する法律」(通称:小型家電リサイクル法)が成立しました。

  • 携帯電話 不要になった携帯電話をはじめとした小型家電は 適正な管理の下、回収・リサイクルが行われます。
  • 電子基板
    小型家電の電子基板にも有用金属が含まれています。 鉛などの有害物質もあるため、適正な処理が必要です。

私たち「小型家電リサイクル認定事業者協議会」は、「小型家電リサイクル法」を順守する認定事業者として、日本の貴重な資源の有効活用と環境汚染防止に取り組んでいます。

どのように回収するの?

お住まいの市町村の回収品目や回収方法に従い、正しいリサイクルをしましょう。(自治体によって回収方法や対象品目は異なります。)
市町村だけではなく、認定事業者による直接回収(量販店回収、拠点回収、宅配回収など)も実施しています。
詳しくはお住まいの市区町村にお尋ねいただくか、以下サイトでお調べください。

  • ボックス回収 ボックス回収
    公共施設やスーパー、家電小売店 などに専用の回収ボックスを設置・回収します。
  • ピックアップ回収 ピックアップ回収
    粗大ごみや不燃ごみと一緒に回収し、ごみ処理施設で自治体の職員が小型家電を取り出します。
  • ステーション回収
    ステーション回収
    ごみ回収の区分に、新たに「小型家電」を設けます。

回収されたものはどうなるの?

適正なリサイクルを実施する者として国の認定を受けた認定事業者などが回収された小型家電を分解・破砕し、金属の種類やプラスチックごとに選別し、金属製錬事業者が金属資源として再生します。
この過程で有害物質もしっかり処理します。

リサイクル図

出典:「小型家電リサイクル法の施行について」(環境省) 写真引用
https://www.env.go.jp/council/03recycle/y030-01/ref03.pdf